たちばな*つれづれ日記

ブログトップ

作楽神社の奉納舞


a0349197_00552235.jpg
コンクールの準備のため慌ただしく時が過ぎて

ご無沙汰の更新になります。(^^♪

今日は前回の作楽神社での奉納舞いの様子を

ご紹介したいと思います。



前日の雨のせいで舞台の上が湿った状態で

ベストコンディションとは言えない状態でしたが

高務先生と田口先生のお二人が舞って下さいました。



a0349197_01161928.jpg

最初は田口先生の「あゝ七尾城」です。

有名な上杉謙信の「九月十三夜陣中の作」の

詩吟の入った曲です。



水の溜まった場所に足を入れてしまい

足袋が濡れ滑りが悪くて…と

苦笑いされていましたが

華麗な舞いでした。



a0349197_01015734.jpg

その後は高務先生の「児島高徳」です。

作楽神社は児島高徳が配祀されているので

祭りにふさわしい舞いでした。



侍装束で迫力のある舞いを

見せて下さいました。





[PR]
# by tati87-2016 | 2017-05-10 01:31 | 舞台のこと | Comments(0)

作楽神社


a0349197_21193641.jpg


あっという間に桜が満開になりました。

4月9日、日曜日に津山市の作楽神社で

「たかのり祭り」があり鶴山支部の方々が

奉納舞をされたので行ってみました。



a0349197_21200072.jpg

作楽神社というのは古の院庄館の跡に建ちます。

院庄館というのは

鎌倉から室町時代にかけての美作守護所の居館です。



今は後醍醐天皇を正祀とし児島高徳を配祀として

作楽神社が建っています。



a0349197_21203771.jpg

児島高徳の像。

「太平記」に記された伝承地としても有名で
「児島隆徳」「忠義桜」などで

皆様方にもお馴染みだと思います。



a0349197_21210298.jpg

十字の桜の跡には<この石碑が建っています。


十字の桜とは





天勾践を空しゅうする莫れ

時に范蠡は無きにしも非ず







[PR]
# by tati87-2016 | 2017-04-10 21:27 | 舞台のこと | Comments(0)

日本伝統文化吟友会中国地区決勝大会について


ビクター吟友会の名称が

「日本伝統文化吟友会」に変更になりました。



a0349197_10525256.jpg
日時 H29.7.16日曜日 開場8:30

場所 福山市西部市民センター

福山市松永町3丁目1‐29 TEL084-934-5443



前日宿泊希望があれば講師の先生に申し出てください。

会場の地図です。




[PR]
# by tati87-2016 | 2017-04-03 09:00 | 舞台のこと | Comments(0)

平成29年久米南町奉祝の集い


「平成29年久米南町奉祝の集い」のレポが

大変遅くなりました。



a0349197_01080764.jpg

時信さんの「本能寺」です。

とても狭い舞台ながら上手く槍を扱っていました。

この舞台で3回目の「本能寺」です。



a0349197_01111337.jpg

恵理さんの「春日山懐古」です。

舞台での披露まで短時間でしたが

いい仕上がりでした。

上杉謙信がもしも、天下を統一していたなら…

というちょっと変わった漢詩です。




a0349197_01065812.jpg

由希子さんの「九月十三夜陣中の作」です。

上杉謙信つながりで急きょお願いしました。

上杉謙信が残した唯一の漢詩ですが有名です。




突然のお願いでしたが流石安心できる舞いでした。



[PR]
# by tati87-2016 | 2017-03-28 01:44 | 舞台のこと | Comments(0)

第34回藤田文化祭 その二


藤田文化祭の続きです。

午後の部に出場した4名をご紹介します。



a0349197_15141820.jpg

最初は冨田さんの「四十七士」です。

同級生よりも一足送れて入門しましたが

前任の先生が「今いちばん、伸びている子よ。」

と仰られたとおり

舞台に立つたびに姿が良くなっていると思います。



a0349197_15202032.jpg

千乃さんの「焦心録後に題す」です。

親子教室でやって来たときにはまだ4歳でした。

今では堂々と重たい刀が使いこなせ

迫力のある舞いを舞うようになりました。



a0349197_15250472.jpg

「九月十三夜陣中の作」を舞ってくれた角南さん。

射るような眼差しの強さと強気の舞いで

作者上杉謙信の思いを表現していました。



a0349197_15345366.jpg

最後は受験勉強真っ最中の梨乃さんによる

「峨眉山月の歌」です。

秋の月や川の流れを優しい物腰で

優雅に舞ってくれました。







[PR]
# by tati87-2016 | 2017-03-13 15:41 | 舞台のこと | Comments(0)